077-572-7624

スマートフォンは上記の番号をタップすると
そのまま電話がかけられます

お問い合わせ

お問い合わせ 077-572-7624

卵子凍結についてoocyte-cryopreservation

卵子凍結について

卵子凍結についてoocyte-cryopreservation

当院では、未婚女性の卵子凍結を行っています。将来の妊娠のために今できる備えを考えてみませんか?

卵子凍結とは

卵子凍結とは

卵子凍結とは、将来の妊娠に備えて、早いうちに卵子を凍結保存しておくことを言います。
残念ながら卵子は年齢を重ねると共に妊娠率が下がっていきます。

しかし、子供が欲しいと願う女性達が、必ずしも若いうちに妊娠できるわけではありません。 卵子凍結はそういった女性達が年齢を重ねたとしても、妊娠する確率を少しでも高められる手段として利用されています。

また、卵子を凍結保存することで、自分なりのライフプランを形成することができます。つまり、女性の社会進出を後押しすることにつながります。

以前は卵子の凍結保存技術が未熟であったため、卵子凍結は行われず、受精卵の凍結のみでした。
しかし、近年は技術の発達により未受精卵の長期保存つまり卵子凍結が可能になり、実用化されています。

卵子凍結を使用した際の妊娠率について

卵子凍結により保存された卵子を使って妊娠・出産するには、卵子と精子を受精させる必要があります。
また、卵子の周りには透明帯という卵子を保護している膜があります。その膜は一旦凍結すると硬くなってしまいます。膜が硬くなると精子が卵子と受精しにくくなるため、卵子凍結の場合には顕微授精が必要となります。

卵子は受精卵と違い、融解した場合には生存率が低くなります。具体的には、70〜75%程度と言われています。
そして、卵子を融解した後、顕微授精を行い、その受精卵を子宮に戻します。卵子1個あたりの妊娠率は以下のようになっています。

30歳以下で
採卵した場合
35%前後
31〜34歳で
採卵した場合
30%前後
35〜37歳で
採卵した場合
25%前後
38〜39歳で
採卵した場合
20%前後
40歳以上で
採卵した場合
15%以下

ご覧のように、年齢を重ねるにつれ妊娠率が下がっていくため、可能な限り年齢が若い段階で卵子凍結を行っておくことが望ましいと考えられます。

卵子凍結対象の方

  • 39歳以下の方
  • 当院の治療方法に同意し、「未受精卵凍結保存についての同意書」を提出していただいた方
  • 融解、その後の治療を引き続き当院で行える方

卵子凍結保存規約

  • 卵子の凍結保存期間は1年間です。凍結保存の継続を希望される場合は、1年毎に更新手続きが必要となります。
  • ただし、以下の場合には凍結卵子は廃棄されます。
    1. 卵子凍結は原則40歳の誕生日までとします
    2. 卵子のお預かりとご使用は50歳の誕生日までとします
    3. 凍結保存継続の申し出なく、凍結保存期間が1年を超えた場合
    4. 凍結保存していた卵子が天災や予期せぬ事情(地震、火災、異常気象等)により使用不可能となった場合
    5. 当院の事情(閉院等)で凍結卵子を用いた治療が困難となった場合、卵子を他のしかるべき医療機関に搬送する場合があります

卵子凍結料金

  • 採卵:110,000円
  • 局所麻酔:10,000円 または 静脈麻酔:30,000円
  • 卵子凍結保存:50,000円
  • 卵子凍結技術:50,000円

費用のモデルケース

  • 採卵料 110,000円
  • 局所麻酔料 10,000円
  • 卵子凍結保存料 50,000円
  • 卵子凍結技術料 50,000円

合計:220,000円

※費用は全て税抜きです

当院では、未婚女性の卵子凍結を行っています。
将来の妊娠のために今できる備えをお考えの方は、慎重にご検討ください。

ページトップ